いつから始める?太陽光発電の技術はどんどん進歩している


太陽光発電を設置する時期

太陽光発電は環境に優しい設備だということで、設置する時には補助金が出て初期費用の負担を軽くすることができます。しかし、平成25年度までは経済産業省から補助金が出ていましたが、その後は国からではなく自治体ごとの補助金に切り替わっています。そのため、住んでいる地域によって受けられる補助額の違いがあるため、まずは自分の住んでいる場所の補助の状態について調べることが重要です。自治体による補助金なので、場所によってかなり差があり、ほとんど補助の出ない地域もあるようです。しかし技術が進むにつれて初期投資額は安くなってきているので、もう少し待てばもっと安くなる可能性もあります。設置する時期がいつが最適かを決めることは難しいのですが、新築の家を建てるのであれば、最初から設置したほうが工事費などは割安になります。

太陽光発電を設置する予定があるのなら

初期費用の高さが問題となっている太陽光発電ですが、新築時に設置するのが最も良いとわかっていても、新築時は家を建てるお金がかかる時なので、どうしても太陽光発電を取り入れる余裕がないという場合もあるでしょう。その時には、無理をして新築時につけてしまうのではなく、数年後に初期投資の費用ができた時に取り入れるという方法をおすすめします。太陽光発電は急激に技術が進歩しているので、数年後には今よりも優れているものが発売される可能性も残っています。新築時にやっておかないといけないことは屋根の向きを日光が集まる場所にすることです。後々太陽光発電をつける予定がある時には、あらかじめそのことを業者に伝えておき、太陽光発電がつけやすいような形状の屋根にしてもらいましょう。

太陽光発電の価格とは、太陽光発電システム一式にかかる初期費用を主に指します。システム一式と工事代税込みで算出されますが、一部の企業では消費税抜きで算出されています。