未経験から始められるタクシー運転手の魅力


タクシー運転手になるために必要なこと

タクシー運転手は、定年退職者や他の職種からの転職者も働きやすい職業の一つとして知られています。また、最近では夜勤や日勤など、様々な勤務体系の中から自由に選べるタクシー会社も増えており、正社員だけでなくアルバイトなどの働き方を希望する人もいます。タクシー運転手として仕事をするためには、二種免許の取得が必要となりますが、経営状態が安定しているタクシー会社の多くは、免許取得のための費用を肩代わりしてくれることから、経済的に負担が掛からないといったメリットもあります。なお、タクシー会社によっては、実際の業務を始めるまでの間に先輩のドライバーによる研修が行われることもあり、未経験者でも営業エリアの道路の状況を把握したり、運転の技術を高めたりすることができます。

高収入を目指せるタクシー運転手の仕事

タクシー運転手の収入は、勤務先の経営状態に大きく左右されますが、ベテランのドライバーは業界内で恵まれた待遇で採用してもらいやすい状況となっています。また、夜間の時間に勤務をすることで、高額な手当の支給を受けられる会社もあり、効率よく安定した収入を目指したい人にもおすすめです。大手のタクシー会社の中には、一定の条件を満たしたドライバーを対象として、個人タクシーとして開業を目指す人のサポートが行われているところもあります。そのため、タクシー会社での勤務を経て個人タクシーを開業したい場合には、就職先の選び方に工夫をするのはもちろん、日々の業務を通じて将来につながる経験を積むことが大切です。

役員運転手は、役員の自宅から企業までの送迎に加えて、役員が出張する際に駅や空港まで車を出す場合もあります。