あると便利、社内SNS


社内で連絡を取り合う際、電話やメールと言った方法もあります。モチロンこれは有用な連絡手段ではありますが、個人同士でのやり取りにしかなりません。一対一のやり取りではなくグループとして連絡を取りたい際には不便です。そこでSNSの出番です。所謂チャットのような形で連絡を取り合えるのでグループ全体へ伝えたい事がある際や、グループ内でディスカッションを行いたい際には便利なツールです。メールよりも手軽に情報発信ができるので相手が遠方にいても連絡をつけやすく、情報共有もスムーズに行なえます。スマホやタブレットがあればグループへ参加できる手軽さもあり、社内のコミュニケーションツールとして有効な手段と言えるでしょう。

社内情報共有をより効率よく出来る、それが社内SNS

社内SNSを使うことで情報の共有がより簡単で効率よく出来るようになります。チャットと同等な使い方が可能ですが、ビデオ会議機能や関連性を分析し整理する機能が搭載されているツールもあり、写真や動画などを添付できるので文字だけの会話よりもより伝えたいことが鮮明になります。他にも、発言内容をCSV形式で出力する機能があり、パソコンなどの外部へ持ち出すことも可能です。利用状況を把握する機能もついているので、不正な利用などを見つける事も出来ます。社内SNSを導入するには専用のサービスを利用することになりますが、様々な種類があり使用料金や特徴も異なるので自社において一番使いやすい社内SNSを利用すると良いでしょう。

社内SNSはいつでもどこでも社員みんなと連絡ができてとても便利です。急な仕事や、先輩後輩の考えがすぐに理解できる点にメリットがあります。