近年注目されている「定額制社員研修」とは!?その特徴やメリットについて


定額制社員研修って一体何なの?

ビジネスの現場で注目されつつある「定額制社員研修」とは、一体何なのでしょうか。

その内容は簡単に行ってしまえば、毎月定額の料金で社員が平等に研修を受けられるサービスのことです。提供している企業によってルールは若干異なるものの、毎月決められた料金を支払うことで、全社員が平等に研修を受けられます。コストを出来るだけ抑えて社員のスキルアップを図れるため、経営側からすれば実に興味深いサービスだと言えるでしょう。

また定額制社員研修のコンテンツには、様々な種類があります。タイムマネジメントやビジネスライティング、ロジカルシンキング、マーケティングなど、磨きをかけたい部分に合わせて受講できます。

定額制社員研修のメリット

定額制社員研修のメリットは、社員全員の能力の底上げに繋がることです。また全員で研修を受けることで、学ぶ習慣も身についていきます。仕事に慣れてくると、マンネリ化して学ぶ意欲が薄れてくるものです。そのような時に研修を受けることで、やる気を引き出すための良いきっかけにもなります。

また定額制社員研修は、特定の職種や階層のスキルを高めたい時にも役立ちます。例えば大企業において結果が出ていない部署がある場合、重点的に研修を受けさせることで、何かしらの変化が生まれる可能性が出てきます。

さらに定額制社員研修を提供している企業によっては、オリジナルのサービスを提供しているケースもあります。個別フォローをしてくれたり、サポートツールを利用できたりなど、希望に合わせて活用できます。

社員教育は入社時にしっかりと行うことが大切です。新人時代に楽をすることを覚えてしまうと、ずっとその癖は直らないでしょう。後輩ができたときに困らないよう、入社時の教育に力を入れましょう。