社員研修をする上で大事なポイントはどこなのか


研修を受ける側とする側の気持ち

社員研修は、その会社の社員として責任を持って仕事をしていけるかどうかが試される場でもあります。研修をする側もされる側もしっかりとした態度で行う事が必須になります。研修をする側は、まだ何も知らない社員の人に会社を代表して仕事を教えていかなくてはなりませんので、その人自身にとっての仕事のおさらいにもなります。また、教える側は研修を受ける人達のスキルにも合わせながら進めていかなければならないのでそこまで周りがよく見えるかどうかも関わってきます。教える人のスピードについていけない人は辞めていいというようなやりかたでは今の時代の人はついてきません。厳しさの中にもしっかりとした優しさを持って研修してあげる事が重要なポイントです。

印象をよくする事は大事

研修を受ける側は、しっかりと規則を守って話しを聞いていき、研修の内容は自宅などでおさらいをしていくとその次の研修の際に覚えておけるのでスムーズに仕事を進める事ができます。さらに、その研修内容に基づいて応用して予習までしておけば尚良いでしょう。例えば研修の際に分からなかった言葉などがあれば事前に調べておいて次の研修の時にはきちんと分かっておけるという事は、研修をしている人にとっての印象もいいです。同期の人が多くいる場合などは、仕事ができる人であると認識されやすくより責任のある仕事を任されるようになって出世も早くできるようになる可能性も高いのです。毎月安定したお給料の所の場合はそこまで競争はないかもしれませんが、歩合などが主な仕事の場合はどれだけ仕事ができるかでお給料が変わるので、研修の時の印象はとても大事になります。

部課長等を対象にした管理職研修においては、部下の指導・育成といった管理職としてのマネージメントについて研修がなされます。